>

いまどきのペット事情は?

可愛く撮るためには

ペットは、長い時間一緒にいることが多いですし、ペットというよりは家族の一人のような存在になっていると思います。
ただ、子どもの写真を撮るのとはわけが違いますよね。
子どもであれば「動かないで」「こっち向いて」などの指示をすればある程度動いてくれますが、ペットとなるとそれは難しいです。
でも、動物園にいる動物を撮るわけではないので、飼い主だからこそできる表情を写真におさめたいと思いますよね。

みなさんは、写真を撮る時何で撮るでしょうか?
一眼などのカメラでプロのように撮る方もいるかもしれませんが、今はスマホのカメラを使う人も多いのではないでしょうか。
スマホで撮る場合、手ぶれを起こしやすいので、両手でしっかり持つことが大切になります。

特徴をとらえて撮る

次に、どうすれば良い写真を撮ることができるのか説明したいと思います。
まず、ペットの特徴をとらえることが必要です。
犬であれば小型犬と大型犬で場所を考えなくてはなりません。
小型犬は、広い場所に行くとおびえてしまい、写真を撮るどころではなくなることもあります。
そのため、自宅以外で撮るならば犬が場に慣れるまで待つことが大事です。
逆に大型犬であれば、物怖じすることが少なく、広いところに行ってもおっとりとしていて撮りやすいようです。
また、どこでどんな写真を撮りたいかということも考えておくとよいでしょう。
基本的に、屋内だといつものしぐさや表情を撮ることができますし、屋外であればのびのびした動きやきれいな背景など様々な写真を撮ることができます。


この記事をシェアする